スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CF-Lエンジン完成!

IMGP7386.jpg IMGP7392.jpg

IMGP7391.jpg IMGP7405.jpg

IMGP7393.jpg

おはようございます。

先日、オイル漏れチェックのエンジン始動を行いましたのでラジエターを取り付けます。

所が、アッパーホースが邪魔で、カップリングファンが付きません(汗)

ホースの角度等を変更すれば取り付けも可能ですが、レスポンス感を、より良くする為、電動ファン仕様に切り替えました。

手持ちで在った、ベンツ用の大容量電動ファンです!

本来、押しタイプの物ですが、大き過ぎてS30の前側には付きません。

少し、狭くなりますが、エンジンルームにアングルを加工して取り付けました。

シリンダーヘッドが、クロスフローになったので、熱対策には、押しタイプを引きタイプで使用しても、これでも十分だと思います(笑)


次に、ラジエターが付いたので、水漏れのチェックを行います。

水を入れると、いきなりウォーターポンプから水漏れしたので、少し焦りましたが、単に締め付け不足でした(笑)

本来水圧テスターを使うべきでしょうが、ヘッド等の水周りをチェックしたいので、エアーガンで瞬間的な圧を掛けます。

カムカバーを外して、空気漏れを耳を澄まして聞き、各部分からの水漏れを凝視して確認しましたが、異常無し!!

圧を掛けた後・・・数分待ち、ラジエターキャップを開けると「プシュー」・・・圧が漏れていない証拠ですね!

それでは、冷却水を満タンにして、エンジン始動です!!

エンジンルームからでも確認出きる様に、コアサポートにタコメーターをセット!

でも、動きは今一でしたね(笑)





水周りが組めましたので先日よりは、少し回転を上げて撮影しましたが、まだまだセッティングが不十分です!

6000回転付近で、アフターファイヤーが起きますので、バルブタイミングも点検が必要ですね!

初めてのエンジンで、キャブもバルタイもデーターが全く在りませんので、これからの細かなセットアップは、エンジンの慣らしも必要ですので、時間を掛けて走りながら行います!!

そんな訳で、完璧とまでは行きませんが、エンジンに関しては、これで一応の完成です(笑)


下の画像は、ジェットを交換したりして、何度かエンジンを回しましたが、馬の上では思う様なセッティングが出来ません。

現在、デフとブレーキがノーマルですので、デフ周りとブレーキ回りが仕上がりましたら、また後日、走行テストを行います!

動画の中でも良く見て頂ければ、リアの足が外れているのが解ると思います。


そして、240ZGに鎮座するのは、動画の中のタコメーターとは少し違います。

「黄色い、タコメーターもいいよな~」・・・「ん、Studio Satoって書いてある」

「時計やん」ってのが・・・お約束の関西風、のりつっこみです(笑)

京とうふさんから、引越し祝い? CF-L完成祝い? ・・・ 工場が殺風景だと頂きました!

有難うございました~


エンジンを回して面白い発見が在ったのは、下の画像に在る様に、電動ファンはバッテリーから直でブースターケーブルで繋いで待機していましたが、テスト稼動中や、動画撮影中にも一度も回す事は在りませんでした。

家庭用の扇風機を回していただけです!

つまり、熱効率が非常に良いのです!


このCF-Lヘッドの利点は・・・

まず、見た目がクロスフローで、かっこいい(笑)

シリンダーヘッドが低く、重心が下がる!

カムシャフトがヘッド中心を通り、7ベアリング支持でカムの曲がりが無く低抵抗、そしてヘッドの強度が在る!

カムチェーンが短く、バルタイのずれが少なく、チェーンへの負担が減る!

そして何と言っても、タコ足とは反対側にキャブが在る事で、パーコレーションが起き難い事でしょ~!!

L型の様な、エンジンルームの熱気が無いんですよね~


最後は、オイル漏れ、水漏れのエンジンチェックが終われば、今度は各部のパーツの点検です!

まずは、キャブを外して、キャブの動作チェック!

加速ポンプが、きちんと噴射しているか、2次空気漏れ等、セッティングの前にチェック・・・各部を点検して、セッティングでの確認項目を減らしておきます。

インマニの画像は、キャブのサイズに合わせて研磨した時の物ですが、ノーマル42パイに対して、55パイは大きいでしょ~(笑)

IMGP7412.jpg IMGP7410.jpg

IMGP7415.jpg

IMGP7440.jpg IMGP7441.jpg

IMGP7428.jpg IMGP7439.jpg


広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

CF-Lエンジン始動

IMGP7367.jpg



IMGP7368.jpg IMGP7369.jpg

IMGP7371.jpg

おはようございます。

過去記事を見返すと、初めてCF-Lの記事を書いたのが2010・3/19でした!

1年と5ヶ月か~

紆余曲折が在り、随分と時間が掛かりましたが何とか、エンジンに火が入りました(笑)

完成までは、もう少し時間が必要ですが、大きな一歩で在る事は間違い無いと思います!

色々と応援して頂いた皆さんに感謝します!

試運転まで、もう一頑張りしますので、今後とも宜しくお願いします!!


動画の様な短時間始動を、エンジンを冷めるのを待って5回ほど繰り返し行いました。

エンジンの始動性は抜群で、結構軽やかなエンジンサウンドからはパワフル感とレスポンスの良さの片鱗を感じ取って頂けると思います!

まだ、キャブ調整も何もしていない状態で、この調子良さですからね~(笑)


まずは、オイル漏れと水漏れのチェックを別々に行いたいので、ラジエター等の水周りを組まずに、エンジン始動確認を行いました!

同時に入れて、オイルと水の両方が漏り、収拾が付かなくなる・・・なんてのは避けたいですからね~

初めて組むエンジンですので、確認不足、見落としが在っても可笑しくないですからね(笑)


しかし、取り越し苦労だった様で、エンジンオイルの漏れ、滲みは見受けられませんでした。

また本格的に回転を上げれば、オイル漏れを起こすかも知れませんが、現段階では問題無い様です!!

エンジンを掛けた後、カムカバーを捲ってオイルの吹き具合をチェック!

まだ幾らも回っていませんが、私はモリブデングリスでエンジンを組んでいるので、オイルが飛んでいると言う事は取り敢えずオイルは来ていますね!

タコ足は、いきなり金色に焼け始めて非常に綺麗です(笑)


さて、ラジエターを含め、補記類のショートパーツを製作、組付けを始めます。

まずは、デスの位置が悪かったので、オイルポンプを抜きますが、思わぬ利点が在りました。

L型オリジナルのS30は、スタビブラケットを外さないとオイルポンプは抜けませんが、エンジンの傾きが逆になったので、整備性が良くなりました(笑)

オイルパンにオイル滲みも無いでしょ~


次は、キャブのリンケージ周りを製作します。

ウェーバー55には正規の押しレバーが付属しないので、手持ちの短いレバーをマニのレバーに合せて延長します。

鉄板を切り抜き、真鍮のロー付けで溶接します!

ロー付けは、強度に不安が在ると思われ勝ちですが、振動に強く、強度も十分に在ります。

同時にアクセルリンケージも製作加工します。

リンクロッドもダイスでネジを切り短縮加工!!

リンケージ周りを、こんな短いので造った事が無いので、エンジンの横揺れ等に対応出来るかどうかは試してからになりますが、何とか作動出来る様になりました。

私は、こう言う細かい製作物の作業が、非常に好きなんですよね~(笑)


ご覧の様に、まだまだショートパーツの製作、加工が必要ですが、取り敢えず一段落付きました!!

次回は、水を入れて、もう少し回転を上げた長い動画をアップしますね~


IMGP7382.jpg

IMGP7379.jpg IMGP7380.jpg

IMGP7365.jpg IMGP7377.jpg

IMGP7388.jpg

IMGP7389.jpg IMGP7390.jpg


広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

CF-Lエンジン搭載、完了

IMGP7353.jpg

IMGP7349.jpg IMGP73511.jpg

IMGP7357.jpg

おはようございます。

本日は、CF-L型エンジン・・・240ZGに搭載完了の巻き~です。

まずは、86少年と二人作業中・・・「写真撮るから、そのまま持っとけよ~」の図(笑)

と・・・その前に、フライホイルはクロモリ製の超軽量です。

それと、フライホイルとバックプレートの隙間が異様に狭いのが解って頂けますか?

クランクシャフト後端で、6mm短縮加工をしているので、クリアランスが狭くなります。

その分、セルモーターに、6mmカラーを挟んで取り付けます。

ご存知の様に、6気等のクランクシャフトは非常に長く、少しでも捩れを防ぐ為の短縮加工です。

高々、6mmと思われるでしょうが、現行の0~400マシンでLDクランクを使用する車両では、至極、当たり前の加工だそうです!!

それほど、効果が在る見たいなんですよね~

私がL型チューンをメインでやっていた頃には無かった手法ですが、理に適って良いと思えばどんどん取り入れます(笑)


積み込みが終われば、馬に載せ水平を出します。

そして、エンジンの傾斜を補正します。

3月のノスタルジック2デイズには、仮載せでしたので、おおよその計測しか出来ていませんでした。

今回は糸を引き、傾き8度に、きちんと合わせます!!

と言っても、助手席側はそのまま使えましたので、運転席側のみ作り直しました。

最終的には、補強を入れるか鉄板から造り直すかになりますが、在る程度のテストが終了するまでは、単純な溶接加工品を使用します。

ウェーバーキャブもいい角度になりましたね~(笑)

キャブとボディーの隙間も十分出来ました!


エンジンマウントの加工が終了すれば、キャブとタコ足を取り付けます。

少し展開が速いですが、パッキン等のショートパーツの準備は出来ていましたからね(笑)

さて明日は、いよいよ、エンジン火入れ式です!!

まず、ラジエター等の水周りは取り付けず、エンジンを掛けます。

ワンオフパーツを多用しているので例え、意識して点検しながら組んでも、オイル漏れ、水漏れの可能性は否めません。

オイル漏れと水漏れを別々にチェックしたいので、まずはオイル漏れのチェックを行います。

しかし、ビフォーアフター画像を見れば、2度弱の筈が、随分傾いていますよね~(笑)


PS・・・明日の予告編です。


IMGP7356.jpg

IMGP7354.jpg IMGP7363.jpg

IMGP7359.jpg

IMGP3201_convert_20101221223436.jpg IMGP7373.jpg
以前の6度強傾斜                              現在の8度傾斜

IMGP7361.jpg


広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

CF-Lエンジン組み付け、完了

IMGP7329.jpg

IMGP7326.jpg IMGP7327.jpg

IMGP7330.jpg IMGP7331.jpg

IMGP7333.jpg

おはようございます。

本日は、CF-Lエンジン組み付け完了編ですが、まずは工場に240ZGを入れました!

あは、ノスタルジック2デイズ出展後の3月以来、5ヶ月振りに見る姿です(笑)


さて、エンジン作業は地味な作業が続きます!

エキゾースト側のスタットボルトの長さをタコ足に合わせて調整します。

ノーマルのエキパイは分厚く、スタットが長過ぎるのでダイスでネジを切り短くします。

そして、エンジンを搭載する前に干渉などを含め、仮止めをして点検確認をします。

インマニ側は新品のスタットに交換して、確認は同じですね!

何処にも干渉せず、ナットが奥まで締まるか点検・・・締まらなければ少加工を繰り返し仕上げます!!

これらのパーツは全て、ワンオフ製作ですので、こんな初歩的な事から点検しないと純正の様には、まずフィットしません!

エンジンを積んでからでは、手間が数倍になる可能性が在りますので、気が付いた所は先にやっておきます~(笑)


最後は、オイルパンの加工です。

まずは、パッキンから製作!

アルミオイルパンの厚みを生かして、ブロック強度を上げるので在れば、コルク製ではなく、紙製パッキンが必要です。

オイルパン用だけなら外品で紙製パッキンも手に入りますが、カムカバーやインマニのCF-L専用パッキンも手切りしなければならないので、オイルパン用も手作りです!

86少年がマーキングして、ホールポンチで穴を開けています!

初めてにしては、上々の出来・・・(笑)


次は、オイルパンバッフルを製作します。

仕切りではなく、バッフルです!

仕切りは、オイルの偏り防止ですが、これは、ブロックに落ちて来たオイルを、ストレーナー壷に集める創りです。

仕切りとバッフルには色々な考え方が在りますが、レース用では無いので、集塵式のストレーナー壷を造るのが一番良いと判断しました!!

そして、出来上がったオイルパンを組み付ければ、エンジン本体の組み付けは終了です!

本日は、クラッチ、ミッションを組み付け、車両に搭載予定です!!

さ~・・・CF-Lエンジンに火が入るまでのカウントダウン開始です(笑)


IMGP7320.jpg IMGP7322.jpg

IMGP7328.jpg IMGP7338.jpg

IMGP7340.jpg IMGP7342.jpg

IMGP7345.jpg

IMGP7347.jpg

広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

CF-Lエンジン組み付け、本体編

IMGP7260.jpg

IMGP7270.jpg IMGP7275.jpg

IMGP7277.jpg

IMGP7308.jpg IMGP7307.jpg

IMGP7318.jpg

IMGP73191.jpg


おはようございます。

まだまだ、確認点検、部分的には、パーツの製作加工を行いながらになりますが、本組み開始です(笑)

まずは、バルブスプリングを組み付ける前に、バルブシールとリテーナのクリアランスの確認です。

ノギスでの計測値は、18mm・・・バルブリフトが13,2mmなので十分なクリアランスですね!

クリアランスが少ない場合は、背丈の低いバルブシールも在ります。


次に昨日の続きの様になりますが、ヘッドにオイルが上がり過ぎない様に油量を規制する、オリフィスを製作!

RB20のオリジナル・オリフィスはブロックに在り、サイズは直径1,5mmですが、オイルタペットを使わないので、1,4mmに設定!

1,2mm位にしたかったのですが、120番なんてメインジェットは持っていませんからね~

上がり過ぎると困りますが、最初は出来るだけスタンダードに近い設定で確認テストしたいので、最初は140番で良いのです。

ヘッドへのオイル量が多い様であれば、120番に変更します。

あは、実はソレックスのメインジェット外径を削って、ヘッドに押し込むだけです(笑)


ヘッドボルトは、L型用の短い方が丁度良い長さです。

しかし、せっかくですので、強化ボルトを用意しました。

画像でも解る様に、純正の様に真ん中が細くなっていない強化版です!!

そして、ヘッドを載せ・・・カムシャフトを挿入(笑)


カムシャフトは、画像の黄色矢印の鉄製カラーで、フロント側への動きを規制!

赤矢印は、A型用のカム押さえ板を使用します。

次にカムスプロケを取り付ける事により、0,3mmのクリアランスで、カムのリア側への動きを規制しています!


下の画像は、カムとロッカアームを組み、タペット調整が終われば、もう一度バルブタイミングの確認をします!!

先日の測定通り、IN104度、EX108度!

5日に分けて駆け足で更新して来ましたが、これで、エンジン本体の組み付け終了も近いです(笑)


残った作業は、補記類の製作及び組み付けです。

まずは、オイルストレーナーです。

エンジンの傾きがL型とは逆になるので、加工が必要です。

左の画像がL型ノーマル・・・エンジン台はCF-L様に、L型とは傾きを逆にセットして在るので角度の違いが良く解るでしょ~(笑)

右は加工後のストレーナーをオイルパンと合わせた画像です!

角度がオイルパン下部の面と合っているでしょ~

最後は、延長して角度を変えたストレーナーです!

真鍮溶接のロー付けで、ゴテゴテしている様に見えますが、延長しているので、溶接箇所の上に鉄板を張り補強をして在るので少し太っています(笑)

当然、長く重くなっているので、下からの支えを増設しています。

本日、オイルパンバッフルとパッキンを造り、他に問題が無ければ、いよいよ車両に乗せられますかね?(笑)


IMGP7325.jpg

IMGP7280.jpg IMGP7285.jpg

IMGP7282.jpg


広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

sato1511

Author:sato1511

FC2,人気ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも sato問い合せ先

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
ブログ内 検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。