スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロペラシャフト短縮加工

レース間近で 一般の仕事は請けていませんが しがらみは断れません。

作業の依頼内容はプロペラシャフトの短縮加工です

希に ただカットして半自動溶接やアーク溶接をしてある ペラを見掛けますが これは非常に危険です

まず カットの時点で旋盤を使い 芯出しをします

IMG_8718.jpg

IMG_4320.jpg

そして、両方に嵌り込むように インローカラーを製作

両方を溶接します

面倒でも この様に作業する事により、バランスの狂いも最小限で済みます

9月に入りましたら 通常通り作業依頼を受けますので ご連絡お待ちします

IMG_9827.jpg

IMG_8844.jpg

IMG_4198.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

ピロ式アーム 続続

IMG_0275.jpg


IMG_0276.jpg


やっと アッパーアーム本体の加工が終わり

最終段階のシャーシとの接合プレートを加工しています

構想と試作 陸運支局等で 半年を有し

実際 図面上から現物にするまで 途方も無い時間が必要でした

今回 改めて感じた事は 法に沿い一般公道を走る車の部品は手強いです

先週末 1セット注文頂き 今回は完売となりました

しかし 注文をいただいた方はSPの3人乗りで

現在 レストア中との事で 時間をいただきましたので

1セット 必要な方がおられれば 販売します

今後は 最低5セットの バックオーダーが無ければ安価で販売は出来ません

仙台 奈良 滋賀 東京 三重 

と お買い上げいただきましたが フェアレディー&シルビアは

私の想像以上に 大切にされ 存在しているのですね!

しかも こんな古い車でも しっかりスポーツを意識されて所有されてる事に驚いています

私も今後は 100万円サスペンションキットに近付ける様に 頑張ります

キット内容 フロントピロアーム
    
      リア 軽量ホーシング

      フロント リア 強化スタビライザー

      タンク別多段調整 ショックアブソーバー

      フロント1kg刻み設定スプリング

      フロント大型キャリパー

      リア ディスクキット

      等です

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

ピロ式アーム 続



アッパーアーム ボールジョイント側です

上下にプレートを入れ スフェリカルケースの溶接面積を増やし アーム自体の硬性も上げます


IMG_0256.jpg

クオリティーは抜群です 


IMG_0259.jpg

で これが今回問題となった ロアボールジョイントの組立た写真です

日産部品で 新品は手に入りますが 片側 20万円オーバーの品です

オリジナルに拘る方には あまり向きません


IMG_0257.jpg

これが ロアアーム ボールジョイント側です 

SP SR CSP用です ピロボール使用なので 振り角も当然 ノーマルより多くなります

今回のロングスピンドルを使用すれば 長いスプリングでも 車高は低く出来ます

有効ストロークを確保できる それはショックにも余裕が出来 性能安定に 何より底付きが無くなります


IMG_0258.jpg


リバンプ側も考慮した角度にしています

ストリートからサーキットまで 対応させたいので レース用スペシャルとまではいきませんが

出来る限りの軽量とセット幅を増やしています 

でないと 実際問題 シャーシ側での寸法狂いは確実に在りますので ホイルベースやトレッド等

どうしても 安易な調整は無理ですから 今回の企画を発進しました


アッパー/ロアアームは これで問題は解決できます

この品を実際 車に装着し バンプステア/パワーステアでの動きを補正するパーツも

現在 開発しています ノーマルで車高を落すと タイロッドがシャーシと干渉し

とても危険な状態のSPやSRをよく見かけますので これはスポーツカーとしては

絶対 あってはならない事です

是非 使っていただきたい商品まで 仕上げますので 宜しくお願いします

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

ピロ式アーム

IMG_0247.jpg

これが 今回の目玉!! 適切なロールセンターに必需品です

IMG_0249.jpg


で ロアボールジョイントはロッドエンド使用のために 受け側を製作します 

これにて キャンバー調整が 可能になります

IMG_0251.jpg

アッパーアームです 当然 左右の誤差を無くすため 

ジグは必要です

IMG_0250.jpg

これは 半自動溶接にて施工しています レース業界では

当然ですが 対荷重を考慮し 溶接接合面積を稼ぎ 強度を出します

JAF車両規則に掲示してある 最高品質の溶接です

このような 鉄/鉄の場合 アルゴンより熱影響が少なくなりますが 熟練を有します

青くなっている部分を ご覧頂ければ 解ると思います

穴はM12ですから 驚かれるでしょう 

事実 アッパーアーム ロアアームの左右 合計4個の製作で 3週間は必要です

切削やシャーリング 部品代で15万は必要です

これから 塗装や溶接と考えると 売価の25万は決して高いとは思っていません

もっと欲しいくらいです 今回はまとまった数の依頼でしたので 価格的には

25万としていますが 今回の供給で在庫が無くなれば 単発ではこの金額では不可能ですので

先に明記しておきます 残りは確実なのは1セット 部品単品供給で1セットです(未組立)

必要な方は 早目に連絡願います 再度 書きますが車検対応です

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

sato1511

Author:sato1511

FC2,人気ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも sato問い合せ先

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
ブログ内 検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。