スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロータスヨーロッパ、輸入新規検査

IMGP5882_convert_20110518163341.jpg

IMGP5881_convert_20110518163300.jpg

おはようございます。

ロータスヨーロッパの輸入新規、予備検査受けが終わりました。

まずは、輸入新規書類から予備検査までを丸投げで頼んでいた奈良クロスアップの4トン積載車に積んで、私も一緒に陸運局に行った画像ですが、予定より一日遅れです。

前日に行く予定が、「最終チェックをしていたら、エンジンが掛からなくなった」と電話が在り、早退して奈良まで修理に戻ったのです。

原因は、イグニッションコイルのパンクでした。

元々寿命が近かったのでしょ~ね!

点灯点検等の時に、イグニッション電源オンのまま作業したのが引き金になったのだと思います。

点火方式が、ポイント車の場合、イグニッションオンのまま長時間放置するとイグニッションコイルが熱を持ちパンクす事が在ります!!

まぁ~イグニッションコイル交換だけで、エンジンが復活したので・・・ホッ(笑)

年式から考えれば、最低限の検査点検だけでは、何が壊れても可笑しくないですからね~

もしもの非常事態に備え、私も同行したのです。

本日は、平行輸入車の新規、予備検査受けまでの流れを簡単に紹介します。


IMGP5894_convert_20110518163647.jpg

上の画像は、通関証明とピンクスリップ!!

通関証明とは、輸入の通関時に税関が発行してくれる証明書です。

ピンクスリップとは、輸出国での車検証・・・日本の抹消謄本です!

ロータスヨーロッパ購入時に付いて来たのは、これだけです!

逆に言えば、この2枚が在れば、平行輸入車の登録が可能と言う事ですね(笑)


下の画像は、通関証明とピンクスリップ、車両情報を元に製作した申請書類です。

全長、全幅等の車両情報から、排気量、車体NO、エンジンNO等の諸元と必要事項を書き込み、写真を添えて、10数枚程の書類を製作します。

ロータスヨーロッパ等の様に、日本での登録台数が比較的多い車両は、まだ車両情報の入手が容易です。

各陸運局内でも、過去の登録情報から、ある程度は調べる事が可能だからです。

(日本で数台しか登録されていない、車両ならば手間が相当に掛かる事も在ります)

簡単に書いていますが、私自身が自分でやらないのは、それなりの手間が掛かると言うのが伺い知れますよね~

不慣れな事に時間を割くよりは、書類製作の馴れているプロに依頼するのが一番です(笑)

下4枚目の画像が、輸入新規車検査申請をして、3週間から4週間掛かりますが、許可が降りた申請書です!!


IMGP5897_convert_20110518163745.jpg IMGP5898_convert_20110518163758.jpg 20110518163812.jpg

20110518163729.jpg

IMGP5885_convert_20110518163356.jpg IMGP5891_convert_20110518163604.jpg IMGP5892_convert_20110518163620.jpg

IMGP5893_convert_20110518163634.jpg

申請許可が降りれば、通常の新規検査と、ほとんど同じ手続きになります。

今回は、奈良で登録する訳ではないので、予備検査ですね(笑)

まずは、検査ラインに奈良の弟(白のGXオーナー)が乗り入れます。

私は、片手にマイナスドライバー、もう片方の手にデジカメを持ち、出口で待ち構えます!!

ドライバーを持っているのは、ガス検査で不合格の場合に即座にキャブ調整をする為です(笑)

一応の検査用整備はして来ていますが、ライトの光軸と光量、ハイガス検査には不安が在りました。

案の定、ライトの光軸で、一回微調整!

ガス検査は、3回目で辛うじて合格しました(笑)

検査ラインが込んでいると、そんなに何回もの再突入は不可能ですが、基本的に再検査は何回でも可です。

ただし、3回までは最初の申請料金内ですが、3回を超えると別途料金が必要です。


検査ラインの全ての合格印を貰うと、新規検査の場合は、全長・全幅・全高・車両前後重量を計測します。

これで、検査ラインでの作業は全て終了!

通常の新規検査なら、ここで終わりですが、今回は輸入新規なので、車体ナンバーの打刻をして貰います。

刻印をハンマーで叩いて打つのだと、ばかり思っていたら、何とシールを貼るだけ(笑)

2年ほど前からシール方式に変ったそうです!

私が、最後に自分で輸入新規登録をしたのは、20年ほど前ですから変っていても不思議では無いですが、シールを貼るだけだったのには、ちょっと拍子抜けでしたね~(笑)


下の画像は、検査合格印を貰った登録書類を仕上げている所!

これを提出して待つ事、15分!

最後の画像の予備検査書が出来上がってきました~(笑)


平行輸入の新規登録の場合は、まだ、これで終わりでは在りません。

リサイクル協会に、リサイクル券の申請をして、リサイクル料金を支払い、支払い確認後に、初めて登録が出来るのです。

ちなみに輸入新規は、新車と同じ扱いになりますので、初検査時は、3年車検です。

3年車検の登録諸費用は、1t未満の重量税3年分・30000円、強制保険37ヶ月・35390円、自動車税10ヶ月・32900円!

後、リサイクル料金・13000円程の合計約11万円強が必要ですね(笑)


20110518163826.jpg

20110518163839.jpg


広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS、何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

シール 打刻?

そうなんですよね 

私も昨年 足車の80年式BLミニの新規車検を受けた際 フロアーの打刻が薄くて見えないということで再打刻になったのですが、エンジンフードのステーにシールを貼られました 「これが再打刻?」と聞いたら「そうです シールに変わったんです」との回答 あっけにとられました シールで大丈夫なんかい! って感じですよね

Re: シール 打刻?

> そうなんですよね 
>
> 私も昨年 足車の80年式BLミニの新規車検を受けた際 フロアーの打刻が薄くて見えないということで再打刻になったのですが、エンジンフードのステーにシールを貼られました 「これが再打刻?」と聞いたら「そうです シールに変わったんです」との回答 あっけにとられました シールで大丈夫なんかい! って感じですよね

あは、大丈夫と言う以前に、スチーム洗車で剥がれるので余計な気を使うのが面倒ですよね(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

たしかに、振興会での講習でシールになったとは聞いていましたが・・・

本当にシールなんですねぇ・・・・

どこまでの水圧に耐えられるんでしょ?w

Re: No title

> たしかに、振興会での講習でシールになったとは聞いていましたが・・・
>
> 本当にシールなんですねぇ・・・・
>
> どこまでの水圧に耐えられるんでしょ?w

あは、試す訳にもいかんしな~(笑)

職員はテスト済みだとか訳の解らん事いってたけどね!!
プロフィール

sato1511

Author:sato1511

FC2,人気ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも sato問い合せ先

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
ブログ内 検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。