スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CF-L搭載、240ZG・・・ヒート対策

IMGP7536.jpg

IMGP7531.jpg IMGP7532.jpg

IMGP7537.jpg

おはようございます。

朝っぱらから薄暗い画像ばかりですが、240ZGのヒート対策をしておきます(笑)

と、言っても電動ファンをラジエター前側に移設するだけです!

サイズ的に、簡単には前側には取り付かないので、押し電動ファンを承知で、エンジン側に引きファンとして付けましたが、やはり無理だった様ですね!

押しファンをモーターのプラスマイナス入れ替えて使用した場合、一般的に5~60%の性能になる言われていますので、本来の押しファンとして使えば、オーバーヒートに関しては問題無くなると思います。

そこで画像でも解る様に、構造的に前側には付きませんので、ラジエター本体を25mm後ろに設置して、電動ファンを前側に取り付けたのですが、ベンツ用の超薄型だから出来る芸当ですね(笑)

ラジエターの取り付けは、25mmのカラーを挟さんで長いボルトに交換します。

厚みの在るカラーで、M8のボルトで固定しますので、2~30mmの延長で在れば、強度的には問題ありません。


そして、黄色の矢印・・・アルミのシャラウドがミソです!

ラジエターを後ろに下げた隙間を、アルミ板で囲います!

走行中の風を逃がさず、ラジエターに全て受け止めさせる為です!

ラジエターに近い風ほど、ラジエターを通過せず横へ逃げるので、シャラウドが必要になるのです。

レーシングカーの場合は、フロント開口部からラジエターまでを完全に、シュラウドで囲んで風を誘導するほど大切なパーツです!


そして追加メーターと同時に、レーシーな雰囲気を出すため、ダッシュにアルミパネルを貼り付けます。

アルミ板を切り取り、サイズを合わせた所で、昨日の作業は終了です。

また仕上がりましたら、紹介します(笑)


下の画像は、等速ジョイントハブ側フランジの短縮作業です!

この240ZGの過去記事を見て依頼が来た作業です!

R200にしろ、R180にしろ、等速ジョイント付の車両は、年式的にS30より新しくて、トレッドの設定が広く、そのまま取り付ければ、ドライブシャフト内部で、床着きします。

それを回避する為の短縮加工です。

作業的には、インローで嵌め合わせ、1tプレスで圧入後、アルゴン溶接です。

最後2枚がビフォーアフターで、20mm短縮してあります!!


IMGP7533.jpg IMGP7534.jpg

IMGP7535.jpg IMGP7538.jpg


広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sato1511

Author:sato1511

FC2,人気ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも sato問い合せ先

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
ブログ内 検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。