スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23Bケントエンジン組み付け(1)

IMGP7924.jpg

IMGP7872.jpg IMGP7866.jpg

IMGP7865.jpg IMGP7871.jpg

IMGP7873.jpg IMGP7916.jpg

IMGP787611.jpg

おはようございます。

本日は、ノーブル23B・・・ケントエンジンの組み付けを紹介します。

このケントエンジンは、ヨーロッパで様々な車種に搭載され、旧車の世界では最もポピュラーで、また様々なメーカーの手本になったエンジンだと思います!

そこで、詳しく紹介したいので、2~3回に分けてアップしますね~

本日は、まず塗装編まで!


初めにシリンダーヘッドの分解ですが、前以って面研磨に出して在りました。

鉄ヘッドは、アルミヘッドの様に撓りませんので、分解するならば、必ず面研磨しておいた方がいいですね!

そのまま組むと、圧縮漏れする確率が非常に高いです(笑)


まずは、ミニ旋盤に咥えてバルブの磨きから!!

清掃が終ると、バルブのガイドのクリアランス確認をして、必要ならガイドを打ち換えます。

今回はストリート仕様で、多少のガタは十分許容範囲内なので変更しませんが、この鉄ヘッドはガイドもシートも鉄ヘッドの一部が加工された一体物です!

それと、面白いのは、燃焼室がヘッド側には、無いんですよね~

ピストンの頭頂部を凹ませて、バルブリセスと燃焼室を兼ねているのです。

当時としては、凄い技術だったんでしょうね~(笑)


そして、バルブの摺り合せをします。

矢印の在る画像が、摺り合せのビフォー・アフター画像です。

左のバルブのネズミ色の部分がシートとの当り面です。

本来なら1~1,2mmが理想で、約1,5mm強と少し広いですが、新たにシートカットするほどでもないと判断しました。

当り幅が広ければ、ベタ当りといい、バルブに熱が溜まりますので、低回転域での調子はさほど悪くはなりませんが、高回転は回りません。

バルブに熱が溜まると膨張してガイドとの抵抗が増えると考えられます。

ただ、町乗りなら問題無いでしょ~

ちなみに、レース用なら、勿論1mm以内になる様、シートカットの調整で当り面の幅をセットします。

最後にバルブスプリングを組み付ければ、シリンダーヘッドは出来上がりです。


次にクランクを組み付けます。

クリアランス測定の画像を撮り忘れたので、コンロッドの組み付けの時に解説しますね!

組み付けは、クリアランス確認後、モリブデングリスをたっぷり塗り、先端を手で持ちクルクル回ればOKです(笑)

この回る感触を説明するのは、難しいですが、少なくともクランクの曲がりが大きければ、重いのは解ると思います。


そして、ピストン組み付けの準備をします。

まずは、こびり付いたカーボンをワイヤーブラシで落します。

その合間に、ピストンリングの合い口を確認します。

通常、0,25~0,4の間に在ればOKですが、出来るだけ4気筒は揃えたいですね!

このリングは、0,35より少し広いですが、4気筒はほとんど揃っていました。

本来ならピストンの組み付けまで行う所ですが、気紛れな私は、ここで唐突に塗装をする事を思い付きました!

綺麗なブロックは気持ちいいですからね~

ちょっとした気分転換って所ですかね(笑)

ブロックに、ヘッドを仮に載せて、全体をマスキング・・・(86少年の仕事)

当然、補記類の小物も含めて、塗装します!

しかし、ケントエンジンの純正色は、紺色だと聞いて、紺色に塗ったつもりが、乾くと少し濃い青色になってしまいました!

オリジナルに拘る、レストアでは無いので、まぁ~それも在りでしょ~(笑)


IMGP7880.jpg

IMGP7879.jpg IMGP7881.jpg

IMGP7883.jpg

IMGP7914.jpg IMGP7939.jpg

IMGP7920.jpg

広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

kentエンジン

燃焼室は、「ヘロン式燃焼室」と言いますねぇ。

無理矢理yahooの翻訳をかけると、「アオサギ会議室」と出ました。

バルブガイドは、鋳物のガイドを打ち込んでます。

私のブロックとヘッドはナプレックさんから未だ帰ってきません。

Re: kentエンジン

> 燃焼室は、「ヘロン式燃焼室」と言いますねぇ。
>
> 無理矢理yahooの翻訳をかけると、「アオサギ会議室」と出ました。
>
> バルブガイドは、鋳物のガイドを打ち込んでます。
>
> 私のブロックとヘッドはナプレックさんから未だ帰ってきません。

ガイドは打ち込みだと思ったんですが、形跡がないんですよね~

あは、同じく私のBMWヘッドもまだ返って来ないんですよね~(笑)
プロフィール

sato1511

Author:sato1511

FC2,人気ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも sato問い合せ先

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
ブログ内 検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。