スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダットラ620、車検整備(5)

IMGP9133.jpg

IMGP9081.jpg IMGP9118.jpg

IMGP9120.jpg

IMGP9121.jpg IMGP9122.jpg

おはようございます。

タイトルの「ダットラの車検準備」を、スピンドル加工にすべきか迷いましたが、やはり車検の一環ですからね~(笑)

まずは、スピンドル、ローターまでの仮組みが終わり、着地した画像です!

作業的には、先日からの続きですが、フロントブレーキ以外の整備は終わっています。

問題のフロントブレーキは、純正のドラムブレーキパーツが製造廃止で入手不可能なので、ディスクブレーキに変更中です!

ストラット式ならストラットごと変更は可能ですが、ダブルウィシュボーンは、スピンドルがキングピンと一緒に回るため流用は非常に難しいです。

そこで、同じ6穴のグランドハイエースのスピンドルとダットラのスピンドルを加工して溶接して製作する事にしました。

グランドハイエースでなくても、15インチホイルで、ダブルウィシュボーンの車種なら加工は、ほぼ同じだと思います!


ダットラ、グランドハイエース両方のスピンドルを旋盤で削り落として、インローで一体になる様に加工をします。

そして、非常に重要なアルゴン溶接です。

重要保安部品で、加工するには一歩間違えれば、非常に危険な箇所ですからね!

画像でも解る様に、真ん中にキングピンが通るので、少しでも歪むとスピンドルの動きが悪くなります。

所が、私なんかは足元にも及ばない溶接のプロに任せると、キングピンがスルスル動きます(笑)

七色に変化した、溶接のビートが解って頂けるでしょうか?

この溶接技術は、誰にでも真似が出来ると言う代物では在りません。

単に溶接だけなら、朝から晩まで溶接一筋の鉄工所の職人さんの方が上かも知れません。

しかし、スピンドルは鍛造鋳物で、通常の鉄板とは違います。

そして、材質から、スピンドルが左右に動く、クルマとしての動的理屈が理解出来ていないと強度や歪みに対応出来ません!

それらの事、全てを踏まえて溶接出来る職人さんは、日本にも数人だと思います。

私個人的には、大げさでは無く、日本一ではないかと思っています!

幸いな事に、一度引退されていましたが、期間限定で私共の仕事を手伝って頂いて居りますので、特殊な溶接加工でお困りの方は連絡して下さい。

私が営業もどきの記事を書いていると知ると怒られるかも知れませんけどね(笑)


下の画像は、組み付ける部品を揃えて、仮組みをしている所です。

まずは、ちゃんと取り付くか?・・・何処にも干渉しないか?

等々、確認しながらの仮組みです!

結果は問題なく、何処にも干渉しない様なので、工場内に入れて、スピンドル、ハブの塗装及び、キャリパーのO/Hを行い再度組み付ければ完了です。

また、作業が進展しましたら、記事をアップします。

IMGP9123.jpg

IMGP9128.jpg IMGP9131.jpg

IMGP9130.jpg

広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
いつも「凄いなぁ~」と思いながら見させて頂いてます。
ナックルをニコイチ、しかも溶接で組み合わせるとは・・・素人には決してマネ出来ない仕事ですね。
足回り関係の切った貼ったは改造申請の際、強度計算や何やら面倒そうですし。

素人目には、前に書かれていたシルビアとかSRの様にミッキーマウスを造って、
ドラム用ハブに他車のローター被せてディスク化した方が簡単そうに思えます。
ただ、流用するにもローターのオフセットの関係とかありますから、難しいんでしょうね。

Re: No title

> はじめまして。
> いつも「凄いなぁ~」と思いながら見させて頂いてます。
> ナックルをニコイチ、しかも溶接で組み合わせるとは・・・素人には決してマネ出来ない仕事ですね。
> 足回り関係の切った貼ったは改造申請の際、強度計算や何やら面倒そうですし。
>
> 素人目には、前に書かれていたシルビアとかSRの様にミッキーマウスを造って、
> ドラム用ハブに他車のローター被せてディスク化した方が簡単そうに思えます。
> ただ、流用するにもローターのオフセットの関係とかありますから、難しいんでしょうね。

おはようございます。

溶接ナックルは、正直申請すれば、車検は通りません!

黙って通します(笑)


流用ローターは、データーブックが在るので、比較的簡単に見付かります。
プロフィール

sato1511

Author:sato1511

FC2,人気ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも sato問い合せ先

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
ブログ内 検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。