スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前後しますが。。。

私は文明の電気式計りは持っています

しかーし これまた どうしても やっぱり

上皿天秤で やってしまいます(笑)

IMG_20130202_113222.jpg

ばっちり 合せてみるでしょ

本当に合ってるん?と 思うでしょ

ほら!!

IMG_20130202_113537.jpg

1円玉 1gですから 1目盛り0.5g

シビアかどうかは それぞれですから 私は私なりに

これ以上しても 変わりません

IMG_20130203_153908.jpg

で ここまでは完了していますが

中々 時間に余裕の無い人生を送っていまして 今日から再開です(謝罪)

IMG_20130202_165356.jpg

まず 一応は各ピン ジャーナル そしてキャップ内の測定はしますが

メタルって当たり前ですが 真円ではないので いったん締め付け 回転させます

この時 私は防錆浸透剤(例えば皆さんが言うCRC)だけです

これで 組付け 新品のボルトをしっかり測定して 

私なりの善いポイントを探します マニュアルでの規定トルクは無視です

で 手で回転させ クランクの重さをハンドゲージに頼ります(信頼性はありません)

で再度 分解して メタル当り面に 菱形の痕が無いか確認します

在れば 解りますね ダメなんです

ボルトの伸び率も計り 私の脳内アナログ低精度ユニットが○を出せば

ピストンを組み 腰下を完成させます

何度も何度も。。。 でも私という人間が低性能ですから

感覚よりも 目視のほうが まだマシかなって思うからです

一応 1NZは クランクキャップ5.54kg ロッドキャップ3.82kgで決めました

マニュアルは知りませんし 見たこともありゃーしやせん

人間が旧型ですので ニュートン違います キロです(笑)IMG_20130202_111740.jpg

しかも 愛用のトルクレンチは 補正も校正もしてません

ずっと これだし これでいいんです

んで スラストメタルは 適当です なんなら前後逆にして組んどきゃ問題ないでしょう

どっちゃみち クラッチバンバン踏むんですからね!!

私は どれだけ手を入れて時間をかけても どんな部品も潰れる時は潰れます

そう 信じていますから ブッ潰れないのは マグレと思います

潰したくなけりゃ 改造なんてしなくていいんじゃあーりませんか!!

で もうひとつ 潰れなけりゃ 儲かりませんしね(爆)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sato1511

Author:sato1511

FC2,人気ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも sato問い合せ先

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
ブログ内 検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。