スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジンブロー




日曜がレースだったのですが、土曜日の練習走行で、ブローしてしまいました。

先日から、8000以上回らないという症状があったのですが、ピックアップとキャブで解消した様に思いましたが、いざ、走行してみますと、やはり8000回転からリミッターが効いたようになり、ブローしましたが、原因がわかりました。

バルブシールが抜けて、バルブコッターを持ち上げ、コッターが磨り減り、バルブキャップと干渉して、バルブクリアランスが無くなり、サージングしていたようです。

コッターとキャップのクリアランスは、0,5mm程で、目視では、わかりませんでした。

少しわかりにくいかもしれませんが、バルブの頭とキャップの内側に隙間が出来て、結果的に、キャップが割れました。

当然、後で解ったことですが、割れた瞬間エンジンが、元に戻り、9000回転回る様になりましたが、その瞬間にキャップが割れたようです。

うれしくて、つい調子に乗り9000回転回して、1周回った時点で、エンジンが重くなり、計器を見ると油圧が、0を指していました。

重たくなったのは、キャップ等の破片がオイルポンプに咬み込み、ポンプがロックして、カムとコメタルを、焼いてブローと言う次第です。

アップで見ていただけると、プッシュロッドにキャップの破片が咬み込んでいるのが確認していただけると思います。


3枚目の写真は、今回のブローとはあまり関係無いと思いますが、9000回転回せば、考えられない程の振動で、こんな物まで、破壊します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sato1511

Author:sato1511

FC2,人気ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも sato問い合せ先

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
ブログ内 検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。