スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A型レース用、ニューエンジン編(1)

110TSと310TS、2台共に、ニューエンジンを製作しています。

3~4回に分けて、詳細と注意点を、解説して行きたいと思います。

まずは、310TSのエンジン編です。

1_convert_20090801113135.jpg

1+(1)_convert_20090801113210.jpg

1+(2)_convert_20090801113253.jpg

黒いブロックの色は、パルホス加工を施した痕です。

ピストンとシリンダーの当りが非常に良くなり、レーシングカーは、どうしても慣らしをする時間が少なくなりますので、リング、ピストン等のカジリ防止の為、施工しておきます。

中古エンジン等には、多少のカジリキズの穴埋めにもなり、かなり有効だと思います。

1+(3)_convert_20090801113327.jpg

CIMG0042_convert_20090801115602.jpg

上の写真は、ブロックのウォータージャケットのメクラ蓋を取り外した所です。

ほとんどの車種の30~40年前のエンジンのウォーターラインの中には、これだけの錆の塊が溜まっているとお考えください。

もっと、たくさん錆の塊が、在る場合も少なく有りません。

組み付けを始める前に、ドライバー等の細い物で錆を、ある程度削り落とし、温水でスチーム洗浄をして、エアーブローしてから、塗装をします。

下の写真は取り外したメクラ蓋です。

表面は、錆が少なく、まだ大丈夫そうですが、裏面は、何時穴が開いても、おかしくないくらいの錆具合ですね(笑)

カッコいい事を書いていますが、自分自身の物は、面倒なので、つい、そのままなんて事も在りますので、ふ~助かり・・・・(汗)

実際の事実として、アルミラジエターが錆で詰まり、コア換えをした事が在ります。

エンジンを、オーバーホールする場合は、メクラ蓋は必ず交換、ブロックのウォータージャケット清掃をしましょう!!

旧車のオーバーヒートやラジエターの詰まりは、ほとんどの場合こういう所に原因が在り、ウォータージャケット清掃は、水温管理や、ラジエターの詰まり防止になります。

CIMG0001_convert_20090802114212.jpg

CIMG0002_convert_20090802114241.jpg

ローズの社長は、ブロックの塗装と言えども、手を抜きません(笑)

何年も前の昔の話だそうですが、ワークスの工場見学に行き、ブロックの塗装の綺麗さに驚いたそうです。

レーシングカーも綺麗で在りたいと、常に心掛けています・・・・(ローズの社長談)

1+(6)_convert_20090801113451.jpg

1+(5)_convert_20090801113425.jpg

1+(7)_convert_20090801113518.jpg

クランクシャフトは、タフトライド加工です。

メタル合わせの為のクランクピン径、測定中の写真です。

ピストンは、カメアリ鍛造品の中古に、モリブデンWPC加工を施します。

中古ですので、多少の傷は在りましたが、ほぼ新品状態になり戻ってきました(笑)

モリブデンWPC加工も、やはり、ピストンとブロックの当りが良くなり、慣らしが少なくて済みます(笑)

コンロッドは、ライジング製のH型コンロッドです。

1+(9)_convert_20090801113622.jpg

1+(10)_convert_20090801113650.jpg

ブログランキングに参加していますので、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

上の、ひよこマークとRマーク、下の拍手マークを、クリックして応援お願います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なぁ~んだ、サランラップの話もあるのかと思ってたのに(笑)。。。

Re: No title

> なぁ~んだ、サランラップの話もあるのかと思ってたのに(笑)。。。

私には、何とも言えませんので、ご自分でお聞きください(笑)

No title

ピストンって加工はしないのですか?

Re: No title

> ピストンって加工はしないのですか?

加工とは、重量合わせとか、バルブ逃げを深くとかの事ですか?

重量合わせに関しては、現在の鍛造技術と、NC系機械の精度が非常に高く、重量差は、0,05g以内ですので、必要ありません。

もちろん確認はしましたが・・・(笑)

バルブの逃げも充分有りますので、問題ありません(以前に確認済み)

加工しているのは、モリブデンWPC加工だけです。

No title

昔、スカートの下の方の裏側をうすくしたりとかしてたような・・・。

Re: No title

> 昔、スカートの下の方の裏側をうすくしたりとかしてたような・・・。

はい、確かに昔は、A型に限らずL型なんかも色々やりましたけどね~(笑)

現在の技術で製作された、ピストンは、材質、精度共に抜群で、手を加えれば、返って悪い結果を生むと思います。

ピストンのバランスすら、必要ないのですから・・・

もしかしたら、加工の方法によれば、良い結果を生む可能性もありますが、私の1年半、10戦を走ってきた実績からも必要ないでしょうね!!

高級硬化処理

>カッコいい事を書いていますが、自分自身の物は、面倒なので、つい、そのままなんて事も在りますので、ふ~助かり・・・・(汗)
これがまさしく『紺屋のしら袴』と言うんですね!
タフトライド、WPCのような処理までするんですか~お金掛かりますね。
サランラップも車に使う?????

No title

腕はもちろんの事、ローズオートのレース車が丈夫くて、速い訳がわかります。メタル合わせの時、クリアランスとってからWPC加工するのか、加工してからクリアランスとるのかどっちですか?

Re: 高級硬化処理

> >カッコいい事を書いていますが、自分自身の物は、面倒なので、つい、そのままなんて事も在りますので、ふ~助かり・・・・(汗)
> これがまさしく『紺屋のしら袴』と言うんですね!
> タフトライド、WPCのような処理までするんですか~お金掛かりますね。
> サランラップも車に使う?????

あは、初期投資は掛かりますが、慣らしに時間を掛けるともっと、お金が必要になりますので・・・・

サランラップは、今後の記事をみてください(笑)

Re: No title

> 腕はもちろんの事、ローズオートのレース車が丈夫くて、速い訳がわかります。メタル合わせの時、クリアランスとってからWPC加工するのか、加工してからクリアランスとるのかどっちですか?

通常は、すべての加工が終わってから、クリアランスを計り、クリアランスに合う、メタルを使用します。

ただ、A型の場合は、メタルが、ワンサイズしか、手に入りませんので、もしクリアランスが合わない場合は、クランク交換ですね(笑)
プロフィール

sato1511

Author:sato1511

FC2,人気ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも sato問い合せ先

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
ブログ内 検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。