スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

110TS、ステージ3ヘッド

おはようございます。

レースが終わったばかりですが、以前から準備していた、ステージ3ヘッドを少し紹介します。

CIMG2882_convert_20091022123518.jpg

CIMG2876_convert_20091022123404.jpg

CIMG2881_convert_20091022123453.jpg

CIMG2880_convert_20091022123427.jpg

私なりの、集大成・・・・ステージ3、小径ハイポートのヘッドを制作途中写真です。

A12のオプションヘッドで在れば、ヘッドの上面近くまでのハイポートに出来ますが、A14A15のヘッドの場合は、8mm上に移行するだけで、ポートに水穴が開きます。

GX(オプション)ヘッド、東名マニのセットで、18度くらいの角度が付いていますが、ほぼ上面まで、ポート穴を移動した場合は、25度近辺の角度が付きます。

水穴を溶接で埋めて、オプションヘッドのように、25度にして使用する事も出来ますが、水の流れ等に変化が出来るのを嫌い、比較的パーツが手に入り易く、オプションヘッドよりも歪に強い、A14A15ヘッドを少しだけ、ハイポート(21度)にして使用したいと思います。

ハイポートで、小径ポートにする為、ポート下側の余った部分を出来るだけアルゴン溶接で埋めて、溶接できない部分は、J-B、WELDと言う2液製のボンドで埋めてから、ポートは機械掘りに出します。

ボンドで埋める部分は、剥がれないよう削って段を付けておきます。

燃焼室は、容積を気にせず、イメージ通りに加工できるよう、ヘッドに熱が在る内に、一緒にアルゴン溶接しておきます。

加工から戻りましたら、またアップしますね(笑)

下の写真は、ロッカーアームの軽量加工です。

見ての通り、6,5gの軽量ですが、効果のほどは・・・・?

チューニングは積み重ねと言いますが、まぁ~自己満足ですかね?・・・(笑)

CIMG3174_convert_20091022123630.jpg

CIMG3176_convert_20091022123653.jpg

CIMG3172_convert_20091022123541.jpg

CIMG3173_convert_20091022123606.jpg

最後の2枚の写真は、A型用オプション、オイルポンプの油圧調整加工です。

そのまま、オプションポンプを取り付けると8000回転付近で、油圧が9kg程になりますが、40年前と違いオイルの性能が非常に上がり、油圧が高過ぎると逆に温度が下がりにくく、抵抗にもなり、フリクションロスになりますので、8000回転付近で6kg程になるよう調整します。

先日紹介した筑波サーキットでのスミスタコメーター横の油圧計の動きを見て頂ければ解ると思います。

私は、現在と40年前のチューニングの何が違うかと聞かれれば、まず、ガソリンとオイルと答えます。

ガソリンが違えば、点火時期、カムのオーバーラップの選択、全て変わってきます。

オイルが違えば、シリンダーメタルのクリアランス、全てのライフが違ってきます。

A型、L型、U型、R型、K型、どのエンジンにも当て嵌まる事ですので、これからエンジンチューンナップをお考えの方は、この辺を踏まえて、チューニングメニューを考えてくださいね~(笑)

CIMG1554_convert_20091022123143.jpg

CIMG1555_convert_20091022123311.jpg

PS、コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)

また、FC2と人気ランキングの「ランキング」が、随分下がってしまいました。

これからも頑張って更新していきますので、応援のポチ、コメント等で後押しを宜しくお願いします。



ブログランキングに参加していますので、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

勉強になります

Re: No title

> 勉強になります

あは、何時でもどうぞ~(笑)

No title

おはようございます。
>溶接できない部分は、J-B、WELDと言う2液製のボンドで埋めてから...
金属系のボンドですか?設備系で補修等で使ったような気がするでも耐熱性は?
いずれにしても綺麗に成るんでしょうね!

Re: No title

> おはようございます。
> >溶接できない部分は、J-B、WELDと言う2液製のボンドで埋めてから...
> 金属系のボンドですか?設備系で補修等で使ったような気がするでも耐熱性は?
> いずれにしても綺麗に成るんでしょうね!

そうですね、削った感じは、金属に近いですが…熱にも水油類にも強いので、補修剤としても使用できますね!

仕上がりはお楽しみで(笑)
プロフィール

sato1511

Author:sato1511

FC2,人気ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも sato問い合せ先

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
ブログ内 検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。