スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SR311、U20レース用エンジン、他

おはようございます。

SR311レーシングカーの、U20レース用エンジンの追加画像です。

CIMG1449_convert_20090924111012.jpg

IMG_0112_convert_20090924111136.jpg

IMG_0113_convert_20090924111157.jpg

IMG_0116_convert_20090924111217.jpg

エンジンは、既に出来上がっていますが、ピストンとバルブとヘッドのクリアランスを測った画像が出てきましたので、紹介します。

盛り上がったピストンのため、クリアランスが非常にシビアですが、一番接近するときで、バルブで2mm、ピストンで1mmのクリアランスを確保出来ました。

クリアランスと燃焼室容積を合わせて最終的に出来上がったヘッドです。

下の写真は、以前質問が在った、バカ穴にした、カムスプロけの対処法です。

ノックピンを半分にカットして、バカ穴の遊びを無くしています。

CIMG1366_convert_20090924110722.jpg

CIMG1414_convert_20090924110906.jpg

CIMG1411_convert_20090924110819.jpg

CIMG1421_convert_20090924110940.jpg

上の写真は、整備士学校の学生の中で、工業高校出身で、結構器用な子が、一人。

簡単な説明で、U20用のエンジンマウントの補強板を制作していました。

この補強で、エンジンの振れはかなり抑えられます(笑)

う~ん、中々使える奴・・・(喜)

下の写真は、私がヤフオクで集めたレース用のキャリパーで、元は驚くほどの高額キャリパーですが、比較的安価で購入出来るときは買っておきます(笑)

新品が良いのは間違いないですが、オーバーホールすれば、使用には全く問題無く、予算の少ないプライベーターなので、性能重視で使える物は中古を使用します。

ブランド品のレーシングキャリパーは補修パーツにも困りませんしね(笑)

SR311のレーシシングカーには、どれを使おうかな~?・・・・(楽)

SR311がイギリス系なので、AP?  ジュリアがイタリアなので、ブレンボ?・・・(笑)

CIMG1454_convert_20090924111047.jpg

CIMG1456_convert_20090924111113.jpg

PS、コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)

また、FC2と人気ランキングの「ランキング」が、随分下がってしまいました。

これからも頑張って更新していきますので、応援のポチ、コメント等で後押しを宜しくお願いします。



ブログランキングに参加していますので、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

SR311、U20レース用エンジン完成

おはようございます。

SR311レーシングカーの、U20レース用エンジンが、ほぼ完成しました。

CIMG1316_convert_20090910083759.jpg

CIMG1315_convert_20090910083735.jpg

バルタイが取り終え、レース用のオイルクーラー取りだし口、デスのオイルライン等も取り付き、ほぼ完成です(笑)

高度成長期のコスト無視、ワンオフ生産パーツの多い時代で、自動車メーカーによる、コストダウンが始まる一世代前のエンジンなので、クオリティーが高く、非常に綺麗ですよね(笑)

ただ、アルミの材質が悪いのは、違う意味での、これも時代でしょうね~(涙)

下の写真は、エンジンの下回りです。

一次チェーンのテンショナーにスプリングの代わりに、ジュラコンを入れて、遊びをほとんど無くして、エンジンブレーキでのバルタイのズレを防いでいます。

そして、大きく充分な容量が有り、強度の在りそうなアルミオイルパンですよね~(笑)

1+(1)_convert_20090909122954.jpg

1+(4)_convert_20090909123106.jpg

1+(2)_convert_20090909123020.jpg

次は、ヘッド側です。

同じく二次チェーンのテンショナーにも、スプリングの代りに、ジュラコンを入れて、バルタイのズレを防ぎます。

これで、一次二次共に、パンパンで遊びは、ほとんど在りませんね。

カムチェーンが、2段掛けのエンジンは、テンショナーも2箇所在り、バックトルクでの、テンショナーの戻り量が、1本掛けのエンジンより当然多く、ピストンとバルブが、干渉して壊れる事が在ります。

1+(8)_convert_20090909122838.jpg

1+(9)_convert_20090909122815.jpg

上の写真は、バルタイ調整用に、バカ穴にした、カムスプロケットです。

以前、カムは、ワークス78度と書きましたが、IN,EX共に中心角が、108度になりますので、バルタイの位置から判断して、82度くらい有りそうです。

下の写真は、バルタイ調整中ですが、これだけ大きいオーバーラップのカムだと、2段掛けのカムチェーンと言うだけでなく、カムチェーンの弛みで、バルタイがズレ、バルブとピストンが干渉するので、テンショナースプリングの代わりに、ジュラコンを入れて、チェーンの弛みをほとんど無くすという訳です。

バルブタイミングも正確に取れますしね(笑)

下、3枚の写真は、L型用のバルブスプリングとロッカーガイド、L型とU型のロッカーアームの比較写真です。

U型の方が僅かに長く、ロッカーガイドに入る幅が少し広いですが、0,5mmほど削れば取り付きます。

フルリフト時のロッカーアームの折れ角度を測定後、L型用のロッカーガイドは、0,5mm刻みで手に入りますので、ロッカーのタペット調整ネジの高さを揃えます。

最後の写真は、タペット調整ネジの出面が、少なくて揃っているでしょう(笑)

これが、カムがロッカーを介して、バルブを押さえる時のフリクションロスを出来るだけ少なくする秘訣ですね。

1+(5)_convert_20090909123135.jpg

CIMG1291_convert_20090909132556.jpg

1+(7)_convert_20090909122906.jpg

CIMG1293_convert_20090909132641.jpg

PS、コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)

これからも頑張って更新していきますので、応援のポチ、コメント等で後押しを宜しくお願いします。



ブログランキングに参加していますので、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

U20、レース用エンジンの難点他

おはようございます。

U20、レース用のエンジンがエンジンの手間の掛かる部分が、ほとんど組み上がりました。

CIMG1194_convert_20090906205215.jpg

CIMG1195_convert_20090906205408.jpg

CIMG1207_convert_20090906205723.jpg

一番上の写真は、今回使用するSTDメタルのバランス取りだけの生クランク、2枚目は、タフトライド仕上げで、ステフナー付きですが、アンダーメタルクランクです。

3枚目は、H型コンロッドが入った所です。

ピストンの組み付け中と仕様書です。

ピストンヘッドの盛り上がりの大きさが解るでしょ~(笑)

仕様書はUSA製の為、全てインチ表示のため、いちいち計算機が必要です。

CIMG1197_convert_20090906205457.jpg

CIMG1198_convert_20090906205622.jpg

CIMG1201_convert_20090906205650.jpg

下の2枚の写真は、ポートの形状とL型用、バルブスプリングとリテーナを組み込んだ写真です。

最後の写真が、本日のメイン記事、U20型エンジンの難点です。

U20、R型共に、ヘッドのアルミの材質が悪く、燃焼室に、シートリングの押さえのポンチが必要だったりしますが、U20型のカムの組み付けが一番の難点です。

一番下の写真で解ります様に、ヘッドの状態だけでも、カムの支えと押えのボルトナットが、25本で、ヘッドボルトの共締めを入れると30本になります。

材質に難が在り、精度にも欠けていて、歪が出るんでしょうね~!!

ヘッド単体ですら、通常通りに、規定トルクで、カムを締め付けると、まず、カムが回らなくなります。

カムホルダーと、カムキャップの締め付けトルクや締める順序を色々変え、ホルダーの僅かな、ネジ穴ズレをプラハンで軽く叩きながら、調整して締め付けします。

これを何度も繰り返し、スムーズに回る場所を探します。

どうしても重たい場合は、ブロックに組み付けた状態でのラインボーリングが必要ですね。

たとへ、ヘッド単体で回っても、ブロックにヘッドボルトと共締めをすると、また回らなくなったりします。

で、また最初の様に、組んだり、ばらしたりの繰り返しと言う訳です。

U20エンジンを分解OHした時は、元通りに組み付けても必ずこの壁の当たります。

OHしたのに、以前よりエンジンが重たくなった等の原因は、カムの回りの悪さだったりしますね!

これの調整が一番大変です。

出来るだけ、経験豊富な専門店に任せましょう(笑)

CIMG1235_convert_20090906205756.jpg

CIMG1239_convert_20090906205827.jpg

CIMG1242_convert_20090906205856.jpg

PS、コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)

また、FC2と人気ランキングの「ランキング」が、随分下がってしまいました。

これからも頑張って更新していきますので、応援のポチ、コメント等で後押しを宜しくお願いします。



ブログランキングに参加していますので、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

SR311、U20エンジンパーツ

何時も、ご訪問及び、応援頂き、有難うございます。

応援の催促お願いしたら、平時の倍近いポチを頂きました(笑)・・・有難うございました。

何故か私の近しい友人に「satoにしては、良く続いているな~」って最近よく言われます(笑)

実は私も、そう思いますが、皆さんのお蔭だと感謝しています、今後とも宜しくお願いします。

まずは、先日紹介した、ノスヒロの取材の記事が掲載されました。

宜しければ買って見て下さいね(笑)

CIMG1170_convert_20090903181307.jpg

CIMG1171_convert_20090903181346.jpg

SP212~SR311と社長の秘蔵の車両や310TS等が紹介されています。

では、本題です。

SR311のU20レーシングエンジンのパーツが揃いました。

ヘッドの修正、ブロックの塗装等が済み、組付けを待つばかりです。

ピストンは、CP製鍛造、盛り上がりのピストン、88,2パイです。

CIMG0018_convert_20090903180925.jpg

CIMG0019_convert_20090903181021.jpg

CIMG1150_convert_20090903181207.jpg

上の写真、バルブスプリング、リテーナ、スプリングシートは全て、L型用です。

下3枚の写真、当然バルブも、L型用の8mmステムの、46、36パイのビックバルブです。

シリンダーヘッド本体は、当時の東名製だそうです。

さすが、非常に良く出来ていますね~(笑)

そこに、シートリング、ガイドもL型用を加工して、組み込んであります。

このヘッドに使用されていた当時のピストンは、コスワース製の盛り上がりピストンでしたので、燃焼室は手を加えず、このままです。

当時の良い所は残し、現在の最新パーツで組み上げる・・・う~ん・・・文句無くパワーが出そう(笑)

CIMG1148_convert_20090903181055.jpg

CIMG1149_convert_20090903181126.jpg

CIMG1152_convert_20090903181238.jpg

PS、コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)

また、FC2と人気ランキングの「ランキング」が、随分下がってしまいました。

これからも頑張って更新していきますので、応援のポチ、コメント等で後押しを宜しくお願いします。



ブログランキングに参加していますので、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

FS5C71A、オプションクロスと、A型?

SR311のレーシングカーの製作開始が近付きましたので、超希少なFS5C71A、オプションクロスのOHをします。

超スーパークロスな写真とデータのアップをします。

CIMG1982_convert_20090817221441.jpg

CIMG1983_convert_20090817221527.jpg

写真で、1速が、M29、C19、ギア比、1,858と言う、超スーパークロスなのが、解っていただけますか?

発進は苦しいですが、スタートしてしまうと、スーパークロスの繋がりは非常に気持ちいいですね(笑)

本日は、ミッションの分解写真しか掲載していないませんが、見慣れるとある程度、理解できるようになりますので、出来れば流さず、ゆっくり見てくださいね。

CIMG1984_convert_20090817221606.jpg

CIMG1986_convert_20090817222041.jpg

CIMG1987_convert_20090817222118.jpg

CIMG1988_convert_20090817222145.jpg


下の写真は、お馴染みサニーのA型用の、56A,5速MTですが、現在テスト用に、開発、製作中のスペシャル? 5速ミッションです。

テストが済み、データーが取り終わりましたら、販売も考えています。

本日は写真のみアップをしますが、詳細は、テスト終了後にアップします(笑)

何が、どうスペシャルなのかは、見る人が見れば解りますよね。

よく見てください、56Aの5速ですからね!・・・(笑)

CIMG0015_convert_20090817221318.jpg

CIMG0016_convert_20090817221358.jpg

ブログランキングに参加していますので、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

sato1511

Author:sato1511

FC2,人気ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも sato問い合せ先

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
ブログ内 検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。