スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ、1300キャブクーパー・エンジン調整編

IMGP6430.jpg

IMGP6428.jpg IMGP6426.jpg IMGP6226.jpg




おはようございます。

何とか走れる様になった、アーモンドグリーンのキャブクーパーを工場の表に出し撮影しました!

黒いホイルが、中々いけてるでしょ~(笑)

車高はフェンダーカット無しでは、これが限界・・・本当はもう少し下げたいんですけどね~


そして、私共のデモカー的存在になる、2台のミニ!

インジェクションとツインキャブのエンジンサウンドの違いを、お見せするつもりでしたが、キャブクーパーの方はアイドリングの落ちが、まだまだ悪いですね~(汗)

取り敢えず、キャブクーパーのランオン(オートイグニッション、ランニングオン、セルフイグニッション、ディーゼリングとも呼ばれる)は、随分マシになりましたので、アップしました。

快調になったら、またSUツインキャブの迫力在るエンジンサウンドをアップしますね~(笑)


下、最初の画像が、キャブクーパーに純正で備わるランオン防止バルブです。

メイン電源がオンで蓋をして、キーオフで開いて空気をインマニに送りランオンを防ぐ装置です。

まず最初に、これを疑いましたが、テストをしても異常無し!

特に、これと言った原因が解らないまま、カーボンの蓄積が原因のランオン現象を直すため、ヘットを降ろし、キャブと一緒に清掃O/Hしたのです!

ヘッドを組み付け、キャブを組み付ける前に、もう一つ考えられる原因のデストリビューターを分解します。

案の定、内部は錆が多く、動きが悪かったので、磨いて清掃をして組み付けました。

しかし、デスビはランオンに影響していただけでなく、動画の回転の落ちの悪い原因は、このデスビに間違いないですね!!

キャブクーパーのデスビでは、点火時期の進角と遅角を同時に行い、微妙なバランスで制御をしています。

進角は、ガバナー機構により遠心力で行い、遅角は、キャブからの負圧・バキュームアドバンサーによるダイヤフラムで行っています。

現に、バキュームホースを、通常通りにデスに挿すと遅角し過ぎて調子が悪くなります。

ガバナーは清掃出来ますが、ダイヤフラムのバキュームアドバンサーは分解出来ませんので交換ですね!

これで、調子が良くなればいいんですけどね~(笑)


IMGP6393.jpg IMGP6388.jpg

IMGP6386.jpg


デスビの仮組みが終れば、ツインキャブを組み付けますが、組み付け前に左右のバランスを取るため、アイドリングアップスクリューを左右ゼロに合せて、左右同じ様に1回転締め付け調整しておきます。

下、最初の画像がそうです!

そして次は、キャブを組み付ければ、アクセル開度とチョーク開度の左右バランス調整をします。

チョークの調整は左右のバランス調整と動き(深さ)の両方を合わせます。

チョークが一番引かれた状態で、左右が同じ深さになる様、ノギスで測りながら合わせます。

以前にも書きましたが、SUキャブは、このチョーク機能が直接ガソリンを濃くして、エンジンが掛かる様になっているので、左右のバランスが非常に重要です。


下、4枚目の真ん中に、5本のボルトで解ると思いますが、私がスパナを掛けているのがチョークの左右バランス調整ボルト!

同じ画像、下側3本のボルト真ん中が、アクセルワイヤーの引き代調整で、左右2本がアクセル開度のバランス調整ボルトです。

エンジンを掛けてから、バキュームゲージで左右バランスを取るのも勿論良いのですが、SUキャブは、インマニで左右の負圧が連結されているので、中古キャブの場合は、バキュームゲージだけでは左右バランスの判断が非常に難しくなります。

まずは、左右のアイドルバランスをきちっと合せて、そして立ち上がりバランスを揃える事が大切です。


シリンダーヘッドを分解清掃、SUキャブも分解清掃、そしてバランス調整をして、点火時期も合わせれば、調子が悪いはずが在りません。

しかし、まだ完調とは言えません。

ところで、私は、このキャブクーパーを、キャブ不調の不動車として手に入れました。

しかし、確かにキャブの調整は狂っていましたが、まずはデスの不調が最初の原因で、デスの不調に気付かずキャブが原因と判断・・・キャブを何度も触る内、カーボンを溜めてしまい、ランオンを引き起こしたのではないかと推察しています。

素人判断で、より深刻な不調を引き起こした典型的な例だと思いますね~(笑)

私自身、ランオンの原因追求から修理に入りましたので、デスキャップ・ローターは交換しましたが、デストリビューター内部の点検が後回しになってしまいましたからね!

あは、不調原因が複数重なった、修理整備は難しいですね~

しかも依頼を請けた仕事ではなく、在庫作業なので、合間にしか出来ません。

センターメーターに交換したり、センターマフラーに交換したりと、やりたい事は沢山在るのですが、仕上がりは何時になる事やら(笑)


IMGP6361.jpg IMGP6359.jpg IMGP6360.jpg

IMGP6362.jpg

IMGP6248.jpg IMGP6433.jpg


広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

ミニ、1300キャブクーパー・エンジン組み付け編

IMGP6295.jpg

IMGP6234.jpg IMGP6263.jpg

IMGP6260.jpg

おはようございます。

ミニ、1300キャブクーパーのシリンダーヘッド組み付け編です。

エンジンサウンド動画まで行きたかったのですが、コマゴマな作業が在り、エンジンを掛ける所まで行き着きませんでした(笑)

まずは、SUツインキャブの分解清掃!

部品点数が少なく構造は簡単なキャブでしょ~

キャブ本体の傷みは少なく、シャフトのガタも見受けられませんでしたので、清掃のみ!


下の画像は、バルブスプリングの組み付けからですが、ノーマルのシングルバルブスプリングなら、二人いればドライバー2本で上から押さえ付けて組み付けが可能です。

ただの横着ですが、一人が押さえて一人がコッターを入れると、大幅な時間短縮になりますね(笑)

次にロッカーアームですが、バルブの当り面が少し減っています。

画像でも解る様に、ロッカーアーム付きのエンジンは基本的にアームの真ん中には当りません。

ロッカーがバルブを押さえる都度、バルブを回転させる様な構造になっています。

そこで、ロッカーアームの位置を入れ替え、今まで当って無かった面をバルブステムに当る様にします。

画像で、ロッカーアームが真ん中でなく、オフセットしているのが解るでしょ~

当り面が逆になったのも解ると思います(笑)


そして、コマゴマな作業の一つ・・・チョークワイヤーの交換です。

SUキャブの仕組みとしては、一般的なチョーキング(蓋をして空気を遮断、ガソリンのみを負圧で吸う)機能とは違い、チョークを引く事により、ジェットブロック位置を下げ、ガソリンを濃くする構造です。

つまり、冷間時に、SUキャブ車ではチョークが無ければ、ほとんどエンジンは掛かりません。

このミニは、画像の様にチョークレバーノブが千切れて、まともに引けませんでしたので、新品に交換したのですが・・・

所が、エアコン付きのミニは、手の入るスペースがほとんど無いのです。

私自身初めての作業でしたが、センターキーに交換されているのだから、必ず外れる筈だと言う思いだけで作業をしましたよ(笑)

何とかチョークワイヤーを交換、ワイヤーの先をエンジンルームにまで出して終了です。

その時、「このミニ、タコ足も付いてるんや~」と初めて確認(笑)


最後の画像は、部品取りのミニから正に部品取り!

アルミのタペットカバーを取りました。

内側を見ると・・・流石、外品・見事にバルブスプリングが、干渉しています(笑)

アルミ製なので、僅かですが肉厚が在るので、削れば何とか干渉を避けられそうです。

そして、タペットカバーのコルクパッキンはカバー側に、ゴム系ボンドで貼り付けます。

これはオイル漏れを防ぐだけでなく、取り外し等の整備性をも向上させます。


IMGP6268.jpg IMGP6281.jpg

IMGP6283.jpg

IMGP6292.jpg IMGP6293.jpg

IMGP6282.jpg IMGP6289.jpg

IMGP6291.jpg IMGP6294.jpg


広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

ミニ、1300キャブクーパー・エンジン分解編

IMGP6246.jpg

おはようございます。

本日は、ミニ作業、先日の続きです。

ランオン現象を解消するため、ミニ1300キャブクーパーのシリンダーヘッドを降ろしました!!

まずは、ビフォー・アフター画像を並べて見ました(笑)

下、最初の画像は、降ろした時のカーボンたっぷりヘッドと、摺り合わせまで終わった仕上げ済みヘッドです。

そして、ピストントップも同じく清掃前と後のビフォー・アフターです。

しかし、良くもこれだけカーボンが、溜まったもんですよね~

ピストンにパラパラ、カーボンのカスが落ちます(笑)


そして、オイル管理も悪かった上、水管理も悪かった様で、サーモケース内には錆と汚れがびっしり!!

水の流れに添って、水が塞き止められるサーモ手前が一番不純物が溜まり易い構造になっています。

最低限の掃除はしておきましょ~

まぁ~見てしまうと磨かずには居れませんけどね(笑)


次は、バルブのカーボン取り(磨き)

あは、購入以来、初めてミニ旋盤の出番がやって来ました!

やはり、ボール盤で磨くより、随分捗りますね~(笑)


バルブを磨いている間に、軽くポート研磨!

1300ccにしては、小さ過ぎるエキゾーストポートを少し大きくするのと、マニとの段取り・・・カーボン落とし程度のつもりですが、ついつい意地になり削ってしまいます(笑)

マニガスケットサイズに近い所まで削っただけですが、ヘッドを回すと思ったより沢山の鉄粉が出てきました!

鉄粉?・・・あは、ミニのヘッドは、アルミ製ではなく、鉄製です!!

一度熱を持つと冷め難い性質の鉄・・・これも、ランオンの起こり易い原因の一つですね!


最後は、バルブの摺り合わせ!!

バルブコンパウンドをバルブカット面に塗り、タコ棒を左右に回して、バルブの当りを付けます。

これも学生達は、初めての様で最初はタコ棒が、うまく回せません(笑)

「不器用やの~」と私に罵られながらも、流石に8本目位には、結構スムースに出来ていました!

ミニは、学生の勉強用教材として、色々と役立ってくれますね~(笑)


IMGP6250.jpg IMGP6266.jpg

IMGP6249.jpg IMGP6264.jpg

IMGP6254.jpg IMGP6255.jpg

IMGP6251.jpg IMGP6252.jpg

IMGP6258.jpg IMGP6259.jpg

IMGP6261.jpg


広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

ミニ、1300キャブクーパー修理と仕上げ

IMGP6218.jpg

IMGP6228.jpg IMGP6227.jpg

IMGP6225.jpg IMGP6233.jpg




おはようございます。

まずは、アーモンドグリーン1300キャブクーパー用の黒いワイドホイルが届きました。

REVOLITE、10インチ6Jをマッドブラックに塗った中古です。

昨日のミニの作業は夕方から、学校帰りの32小僧と86少年が揃った時間から作業開始!

一人は、車高を少し下げながら、ホイルをMk1から、エボリューションに交換

一人は、ボンネットを外し、シリンダーヘッドを捲る準備をします。

そして、私は、ガラスを入れる準備をします。

先日、一度はガラスを入れたのですが、ダッシュを外して、ダッシュ下の鉄板が色違いでは気になるので、もう一度塗装をしました。

ついでに、室内全てをアーモンドグリーンで塗装しました(笑)

ダッシュ周りを塗装するには、ガラスを抜かないと綺麗に仕上がりませんからね!!


何故、ヘッドを捲るかと言うと、動画でも解る様に、エンジン停止後のランオンが酷いのです。

元々、キャブ不調で購入したのですが、私はキャブで無く電気周りだと判断してデスキャップやローターを交換!

どうにか、エンジンは掛かる様になったのですが、ご覧の有様です(笑)

キャブクーパーには、アンチ・ランオン・バルブなる、ランオンを押さえるべく、インテークマニホールドに、エンジン停止後エアーを送る装置が付いています。

このバルブは、IG電源オンで閉じ、オフで開くと言う工夫はされており、確かに機能していますが効果無し!!

** ランオンとは、キーオフ状態でも溜まったカーボンが圧縮され熱を持ち、自然発火する現象です。

デスキャップがガタガタでしたので、失火の多い状態で、ツインキャブと相まって、エンジン不調のまま無理に走行して、カーボンが溜まったのではないかと想像します。

エンジンコンディショナーをキャブから吹き付けると改善する場合も在りますが、ここまで酷いと、ピストントップから、バルブ、ポートまで全て洗浄しなければ、元に戻りません。

そこで、ヘッドとキャブのO/Hを行います!


下の画像は、32小僧の帰るのを待って、夕方から作業を始めた理由・・・ミニのガラス入れです!

私自身も30年のキャリアの中で、10数回しか自分でガラスを入れた事は在りません。

ましてや、中古のガラスウェザーゴムではプロに任せた方が確かなのですが、今回は新品ゴムを使っています。

それでも通常はガラス屋さんに任すのですが、学生達に経験さすには良い機会だと思い、比較的に作業が安易だろうと考えミニを選んだのです。

あは所が、四角いガラスには、当然四角いゴムを合わせるのだと思いきや、丸いゴムが届きました(汗)

ガラスに硬めのゴムを嵌めながら、ガムテープで固定!

ロープをボディーに入れるゴム側の隙間に入れて行きます。

そして、ボディーの下側からガラスを差込み、ロープを少しづつ引きながらボディーに嵌め込んで行きます。


どうやるのか想像も付かない学生た達は「ホントに出来るんですか?」と疑いの眼でしたが、作業が終ると「出来るもんですね~」

と・・・少し私の株が上がりましたかね?(笑)

私ですら、10数回、ましてや学生達の年代では、一生涯自分でガラスを入れる事は無いかも知れません!!

しかし、理屈を解っているのと知らないのとでは大違いです。

四角いガラスに、硬めの丸いゴムを嵌める時は少し不安でしたが、何とか面目は保てました(笑)


IMGP6220.jpg

IMGP6224.jpg IMGP6221.jpg

IMGP6222.jpg

広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

ミニ、1300キャブクーパー仕上げ

IMGP6154.jpg

IMGP6153.jpg IMGP6155.jpg

IMGP6157.jpg

おはようございます。

先日のアーモンドグリーンに塗り替えた1300キャブクーパーを少し仕上げて見ました(笑)

まず、新品ウェザーを使い、前後ガラスを入れました。

そして、サザナミグリルに、Mk1テール!

低い車高と10インチ、ワイドホイルはどうですか?

私の大好きなシャコタン、ワイドタイヤです(笑)

でも、やはり、黒系のホイルが良さそうですね!


下の画像は、順序が前後しますが、グリルを付ける前にスチーム洗浄です。

傷みの見落としを避けるため、足回りなど整備する前には必ず洗浄しておきます。

中々しぶとい汚れで、一度の洗浄では綺麗になりませんね~

ついでに、エンジンルームも綺麗にしておきます!!


IMGP6133.jpg IMGP6131.jpg

IMGP6132.jpg

下の画像は、これから仕上げる内装画像!!

さて、どこから手を付けましょう?(笑)

モーリスの本物ハンドルは大きくて非常に乗り易くて良いのですが、サザナミグリルは、オースチンセブン用です。

う~ん、モーリスとオースチンが、ごちゃ混ぜで、いいのかな~?

幾らカスタムでも、壷を押さえる必要は在ると思いますが・・・

でも、どちらもかっこいい~(笑)

本物志向の方には無い話ですかね?


内装は、取り敢えず、ダッシュを外して、噴出し口を外した所です!!

そして、元から付いていたアルミのメーターパネル!!

中に収まるメーターはセンス良いのですが、形状が気に入らないんですよね~

元は、センターに噴出し口が付く、エアコンタイプですが、ダクトで引き直して、噴出し口を移動する必要が在りますね!!

やっぱり、センターメーターを付けたいですからね~(笑)

シートは、水色のカバーを外したら程度の良い黒のノーマルが出て来たので、OKかな?


最後の画像は、ミニ用のセンターメーターです。

もっと沢山の種類が在ると思いますが、上から200kmスケール、スミス(SMITHS)製!

140kmスケール、スミス(SMITHS)製!

140kmスケールの無印!

多分、中身はほとんど同じだと思うのですが、SMITHSの文字が有るのと無いのとでは値段が断然違うみたいですね(笑)

当然、200kmスケールが一番人気が有る様です!!


IMGP6158.jpg

IMGP6130.jpg IMGP6147.jpg

IMGP6128.jpg


広告・・・ヤフーオークションに、ニッサン、トヨタ旧車の合わせガラスやSP、SR311等のパーツを出品しましたので、宜しければ、ヤフオクをクリックして覗いて下さい。

直接交渉もOKです(笑)


PS・・・何時も遊びに来て頂いている皆さんの中で、FC2ブログ以外の方の足跡が残りませんが、ブログ及びHPをお持ちの方は、私もお邪魔して、リンクさせて頂きたいと思いますので、アドレスを、お知らせください!

コメントの承認画面をなくす設定が出来ましたので、コメントを簡単に書くことが出来るようになりました。

どんな些細な事でも良いので、是非、コメント書いてくださいね(笑)


ブログランキングに参加しています!

皆さんの評価だと受け止め、これからも出来るだけ毎日更新して行きますので、お手数ですが、一日一回、ひよこマークとRマークのポチを、宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ

拍手マークのポチも、励みになりますので、宜しくお願いします(笑)

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

sato1511

Author:sato1511

FC2,人気ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも sato問い合せ先

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
ブログ内 検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
Google広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。